FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

外国為替相場が変動する仕組みとは?

外国為替市場は日々刻一刻と変化しています。分刻みで上下しているというわけですが、なぜお金の価値が変わるのでしょうか。もしも日常生活で、モノの値段が刻一刻と変わるとしたら、どんなにか不便だろうと思うのですが……

為替相場は、「景気」、「金融政策」、「金利差」などの情報によって変動するといわれています。確かにこれらは、為替相場が変動する原因にはなっていますが、実際に為替相場が変動するためには「売買」が行われないといけません。

例えば、政府から景気を判断する指数が発表され、その発表情報は予想よりも悪い値だったとします。

「悪い指数だった」
 ↓
「景気は思ったほどよくなってないんじゃないか?」
 ↓
「通貨は売っておこう」

という判断がなされ、多くの人が通貨を売り始めると、為替相場が変動していきます。

もしも発表が悪い情報だったとしても、誰も売買しなければ為替は変動しません。為替相場は指標の結果で変化するわけではなく、指標の結果を見て売買した人がいたので変化するわけです。

皆が同じ方向に注文を出せば、もちろんそちら側に相場は動いていきます。多くの人が同じ指向性で行動を起こすことによって相場が変動していくのです。情報はそうした指向性の流れを作るきっかけに過ぎないとも云えます。「景気」、「金融政策」、「金利差」の情報も重要ですが、その情報がもたらす人間の動きに敏感になる必要があります。情報と人間の行動双方が重要です。

外国為替市場はどこにあるの?

「今日の外国為替市場は……」
ニュースキャスターがこんな風に経済情報を切り出すことが多いですね。

さて、この外国為替市場とはどこにあるのでしょうか。株式を取り扱う東京証券取引所であれば、「東京都中央区日本橋兜町2番1号」にあります。ニューヨーク証券取引所であれば、「Euronext 11 Wall Street New York, NY 10005」が住所です。

しかし外国為替市場は住所がありません。つまり実在しないのです(!)
基本的に外国為替の取引を行う取引所はありません。外国為替のほとんどは、通信機器を通して取引が行われているテレフォン・マーケットです。現在では電話を使っての取引ではなく、インターネットを使ったオンライン・マーケットとでも呼ぶべきところですが、昔ながらのテレフォン・マーケットという呼ばれ方が一般的です。

諸外国の外国為替市場のうち、ニューヨーク、ロンドン、東京が三大市場といわれており、他にも、カナダのトロント、アメリカのシカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、イギリスのウエリントン、オーストラリアのシドニー、中国の香港、ドイツのフランクフルト、フランスのパリ、シンガポール、バーレーンなどが挙げられます。

こうした世界中の外国為替市場が為替情報に連動しているわけです。各国の外国為替市場は独立して存在しているわけではなく、為替情報によって相互に影響を与え合います。ロンドン市場が開いて、その後東京、ニューヨークと続いていきますが、各市場は情報でつながっているのです。

外国為替とは?

外国為替の情報屋さんとして、外国為替の情報を発信していく予定です。さて昨今は外国為替の取引が盛んです。一般の方も外国為替証拠金取引、いわゆるFXをしている方がどんどん増えているようです。FXを始めると日々の外国為替の情報には敏感になりますよね。

しかし改めて『外国為替とは?』と聞かれると少し戸惑ってしまうかもしれません。そこで今回の外国為替の情報屋さんは外国為替の基本情報をお送りしたいと思います。

[外国為替の情報屋さん;外国為替とは?]
そもそも『為替(かわせ)』とは、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込などの現金輸送を伴わない決済サービスのことを指します。対して外国為替は、通貨の異なる国際間の貸借関係を、現金ではなく為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済することを指します。

……ちょっと小難しくなってしまいましたが、要するに異なる国の通貨を交換することを外国為替といいます。

具体的には、日本円と米ドルを交換する、日本円と欧州ユーロを交換する、米ドルと欧州ユーロを交換するのが外国為替です。外国為替は商品の売り買いとよく似ていて、自国通貨(代金)の対価として外国通貨(商品)を買うと考えればいいでしょう。

外国通貨の購入に必要になる『価格表』が、為替相場と呼ばれるものです。新聞やニュースなどに為替情報として必ず盛り込まれている情報ですが、日本円と米ドルの交換レート情報が載っています。一般的には「円相場」とか「為替相場」と呼ばれますが、他にも日本円と欧州ユーロの交換レート情報、米ドルと欧州ユーロの交換レート情報が合わせて提供されることが多いようです。

経済