外国為替が必要なわけ

日本国内に住んでいると、日本円以外は基本的に使えません。コンビニで買い物する際には米ドルでは都合が悪いですよね。なぜ日本円しか使えないのに外国為替が必要なのはなぜでしょうか。

[外国為替の情報屋さん;海外旅行に行く]
日本国内では日本円しか使えないのと同様に、外国に行った場合にはその国の通貨でなければ基本的に使えません。例えば、アメリカに旅行に行く場合には、日本円を持っていってもお店で使えないわけですね。そこで外国で使えるお金に交換する必要があります。

そこで外国為替の出番です。日本円と米ドルを交換して、海外でもモノが買えるようにするわけです。まぁ、海外旅行の際にはトラベラーズチェックという方法もあるので、必ず外国通貨に交換する必要はないわけですけどね。

[外国為替の情報屋さん;輸入業者と輸出業者]
一般の方が海外旅行に行く際に必要になる外国為替は高がしれています。しかし外国企業と商売するとなれば話は別です。海外から商品を買い付ける場合、大量の外国通貨を必要とします。一般的にはドル建てで取引することが多いようですから、日本円を大量に米ドルに交換する必要が出てきます。

また、輸出業者の場合は商品を外国に売るわけですから、代金は日本円ではなく外国通貨で支払いを受けます。代金として受け取った外国通貨を日本円に交換しなければ日本国内の支払いに充てることは出来ません。輸出業者働いているからといって、給料がドル建てで支払われたのでは困りますもんね。

経済