外国為替の情報屋さん;FX会社

FXの仕組みがわかってきたら、取引にかかる手数料の情報が気になってきます。FXの会社によって手数料が微妙に違っていることに気がつくはずです。FXの会社によっては『手数料無料!』を打ち出しているところもありますのでFXの会社比較の際には、手数料情報をはずすわけにはいきません。

[外国為替の情報屋さん;FXの手数料]
外貨取引をはじめるにあたって知っておくべきなのが、「為替手数料」です。通常、外貨預金や外貨MMF(Money Market Fund)などでは、ドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかります。さらに実際に取引する場合は、証券会社であらかじめ決められた為替レートで取引しなければなりません。

対してFXの手数料の多くは片道数銭程度と安く設定されており、実際の取引もリアルタイムな為替レートで取引できるようになっています。それだけ他の外貨取引に比べて有利と言えるわけです。

しかしFXの手数料は売値と買値の幅(スプレッド)も合わせて考えなければなりません。いくら手数料が安くてもスプレッドが高い場合には、取引コストが高くなってしまうというケースがあります。

具体的には、(a.)手数料が10銭、スプレッドが30銭のFX会社と、(b.)手数料が20銭、スプレッドが5銭のFX会社を比べてみましょう。

(a.)は、10銭+10銭+30銭=50銭
(b.)は、20銭+20銭+5銭=45銭

となり、手数料が高い方が結果として安くなるという場合があります。

FXの手数料は株式投資に比べて総じて安い傾向があります。株初心者がFXの手数料を見たら、びっくりするかもしれませんね。

経済