外国為替証拠金取引とは?

外国為替証拠金取引というよりも、FXというほうが馴染みがあるかもしれません。外貨取引を利用した投資ですが、仕組みをしらないという方も多いと思います。今回は外国為替証拠金取引の仕組みについて詳しく見てみましょう。

外国為替証拠金取引とは、日本円を売って米ドルやユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のことです。最近では、外国為替業者によって取扱い通貨も米ドルやユーロ、英ポンドに加えて、豪ドル、NZドルなど幅広くなっています。多数の国の外国為替情報がオンラインで瞬時に得られるようになったことも大きいですね。

FXは商品先物取引と同様に証拠金取引なので証拠金として10万円前後でスタートさせることが出来ます。少額の資金で投資を始めて見たいという方でも大丈夫ですね。

しかし「少ない金額でスタートしてリターンは見込めるの?」と思われる方もいらっしゃるとと思います。外国為替証拠金取引は、総取引代金の数%程度の少額の「証拠金」を委託して取引できる証拠金取引なので、少ない資金で効率の良い取引を行うことが可能なのです。

少ない資金でも大きな取引が行えるのは「差金決済取引」というのが理由です。レバレッジといいますが、外国為替業者によっては自己資金の何十倍もの取り扱いが可能となるのでリターンも大きいのですが、リスクも同じだけ大きいハイリスク・ハイリターンな外貨取引なのです。

また、外国為替証拠金取引の一番の利点は手数料の安さにあるでしょう。通貨ペアにもよりますがドル/円の取引手数料は片道1銭や2銭といったところです。外貨預金では為替手数料が片道1円は掛りますのでこの差は大きな違いです。

経済