外国為替の情報屋さん;円高と円安

外国為替相場の情報をきちんと理解するためには、円高・円安の影響についてきちんと理解しておく必要があります。そもそも円高・円安についてわかってますか?

[問題]1ドル/90円と1ドル/120円ではどちらが『円高』でしょうか?

答えは、1ドル/90円が円高です。例えば為替相場が1ドル/100円の状態から1ドル/90円に変動すれば「円高になった」といいますし、1ドル/120円に動けば「円安になった」と云います。

円高とは円の価値が「高い」ということ。1ドルを購入するのに90円で済むか、120円必要かということです。言うまでもなく90円で済む為替相場のほうが円の価値が高いということが分かりますね。

外国為替取引というのは、異なる国の通貨を外国為替市場の為替レートをもとに交換する取引のことです。商売の基本は安く仕入れて高く売ることなので、外国為替取引でも円高のときに米ドルを買って、円安になったところで米ドルを売り抜けば利益が出せるわけです。

こう考えると外国為替取引は意外に簡単ではないかと思いますね。

このように為替に興味が出て外国為替取引を始めてみたいと考えている方におすすめなのが、『外国為替証拠金取引(FX)』です。FXは人気の高い外貨投資で、一時はブーム的な要素も絡んで多くの個人投資家が生まれました。現在ではブームも落ち着き、外貨取引のひとつとして確立されてきています。次回からはこの外国為替証拠金取引について詳しく見ていこうと思います。

経済