身近な外国為替

外国為替というと、「FXや外貨預金などの外貨投資をしている人には必要な情報かもしれないけど、自分にはあまり関係ないや」と考える人が多いかもしれません。確かに日常生活で日本円を外国通貨に交換するケースはほとんどありませんしね。

しかし、外貨投資をやっていない人にとっても外国為替は生活に大きな影響を与えているのです。

自動車のガソリン価格は原料の原油価格の変動に大きく左右されますが、海外から輸入されて日本に入ってくるものですから、為替相場もガソリンの価格に大きく影響しています。

例えば原油価格が高騰したても、為替相場が大幅に円高に動いた場合は、ガソリン価格の上昇はやや抑えられます。逆に円安相場と原油価格の高騰が重なった場合には、ガソリン価格は原油価格の高騰以上に上昇することになり、家計にも多大な影響を与えます。

日本は食料自給率が4割程度で多くの食材を海外からの輸入に頼っています。毎日の食事の半分以上が海外の食材から成り立っているわけですから、為替相場は大きく影響しているはずです。いきなり食費が倍になったというのでは、安心して生活して行くことは困難です。

外国為替相場が企業や個人の家計に大きく響いていく可能性があることに気づくと、これまで為替相場の情報に無関心だったという方も考えなおさなければならないでしょう。為替情報は自分の財布にも影響を与えるものだと興味をもって見てみると、もっと理解できて面白いかも知れませんね。

経済